長野県長野市 若穂地区にある 
幼保連携型の認定こども園 若穂幼稚園です。



0歳から就学前のお友だち、一時預かりの
お友だちと一緒に 仏様の御教えを守り
明るく 正しく 仲良く 過ごしています。


そんな若穂幼稚園の日々を綴って参ります。

http://wadagakuen.ed.jp
Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

NewEntry
Category
Archives
Links
Profile
Mobile
qrcode
Other


バケツ稲

JUGEMテーマ:幼稚園

 

6月11日

年長さんがバケツ稲の田植えをしました。

毎年お世話になっている“稲の先生“に

来ていただきました。

 

稲の図鑑を見ながら

わかりやすくお話をお聞きしました。

 

子供達からの質問でお米の名前を聞きました。

今年のお米は“ふくおこし“

量がたくさんとれて病気に強い品種だそうです。

 

1本ずつ根の付いた苗をもらいます。

 

そーっと根の少し上を持ちます。

 

 

優しく苗を持って土の中にぐーーっと入れます。

 

どれくらい入れたらいいのか試行錯誤しています。

いつまでも根っこが浮いてきて

「これでいいの?」とお友だちと相談していました。

 

しっかり植えられたかなぁ…

ぎゅうーーっとおさえてみよう…

 

 

年長さんの一人一鉢 自分の名前の入ったバケツ稲の完成です。

 

 

バケツ稲の土は700℃で熱してある土で

肥料も入っているそうですが

稲の生長に欠かせない事は

☆太陽🌞(光)

☆風🌬

☆水

そして一番大事なのは

☆お友だちの朝のあいさつと足音です。

毎朝、「のの様おはようございます」の後に

稲にも「おはよう」とごあいさつしましょうね。

 

一人のバケツ稲でどれだけのお米がとれるでしょうか。

約3500粒だそうです。

これは、お茶椀1杯で

3800粒くらいだとコンビニのおにぎり🍙です。

 

“一粒万倍“

一粒の種子も蒔けば万倍の種になる。

というお釈迦様のお言葉にもあるように

少しのものでも増えて多くの数になる。

少しのものでも粗末にしてはいけない。

稲の生長をみていくと同時にこのような事も

感じていけるようにしていきたいと思います。

 

 

 

 

| 今日の若穂幼稚園 | 12:03 | - |
http://blog.wadagakuen.ed.jp/trackback/762